TOP Info&Map 展覧会情報 今後の展覧会予定 過去の展覧会 Space for Rent LINK
             

 表現の衝動展

 5/26(日)〜6/15(土)

「表現への衝動」展とは、分野の違った4人のアーティストのコラボレーション企画です。
当画廊では初めての試みであり、工藤政秀は絵画と立体で、酒井弘司は俳句で、細谷玉江は絵画で、そして八木幹夫は短歌と詩で、「故郷喪失・地霊への挨拶」というテーマに沿って、表現しようというものです。
分野の違う4人が出会った時に、どのような空間が創り出されるのか、是非ご高覧下さい。

【作家紹介】
工藤政秀 (横浜在住)
1952年   香川県生まれ 
1975年 東京造形大学絵画科卒業
1975〜1979年 モダンアート展出品
以後、個展・グループ展多数
1985年 第3回釜山ビエンナーレ出品
2000年〜 海外を中心に現代アート作家として、活躍。
2012 、5〜スタジオ展 in Colombara
(イタリア)開催中

酒井弘司(相模原市在住)
1938年 長野県伊那谷生まれ 
法政大学社会学部卒
高校時代より、作句。金子兜太の俳句同人誌「海程」創刊同人、初代の編集長。のち、俳句誌「朱夏」を創刊、主宰。
現代俳句協会会長、神奈川県現俳協顧問。

細谷玉江(相模原市在住)
1934年 神奈川県川崎市生まれ 
1954年 大妻女子短大卒業。
1957年 絵画グループに参加。 難波田龍起氏に出会う。
1968年 新構造社会員になる。
団体展・個展・グループ展多数
日本美術連盟会員、新構造社委員、相模原市芸術家協会会員
現代俳句協会会員、ギャルリーヴェルジェ主宰

八木幹夫 (相模原市在住)
1947年 神奈川県相模原市生まれ
明治学院大学英文科卒
在学中より詩作。
1983年 第一詩集「さがみがわ」を契機に、詩人中上哲夫と出会い、辻征夫、井川博年らと、小沢信男を中心とする、余白句会に参加。
1995年 詩集「野菜畑のソクラテス」で現代詩花椿賞、芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
現在詩人会会員、歴程同人。神奈川近代文学館理事。

[展示風景]

 ←クリックにて拡大画像がご覧頂けます。

[イヴェント風景]

5/26朗読会 当日の様子

↑クリックにて拡大画像がご覧頂けます。

6/1鼎談 当日の様子

 ←クリックにて拡大画像がご覧頂けます。

【イベントのご案内】

電話(042-776-6375)、またはメールフォームからのご予約も可能です。
・お名前
・お電話番号をお知らせ下さい。
予約された方は、開始時間の15分前にはお越し下さい。
開始時間を過ぎると席の確保ができず立ち見になる可能性があります。


詩と俳句の朗読会
日時:2013年5月26日(日) 15時〜16時30分
入場料:\1000(紅茶又は珈琲の1ドリンク付)
内容:詩の朗読(八木幹夫)
俳句の朗読(酒井弘司)
演奏―パーカッション(多田羅茂隆)
演奏―サックス(南優)
朗読と音楽のセッションをお楽しみ下さい。
席は60席ご用意しますが、お立ち見になる可能性があります。ご了承下さい。

17時よりオープニングパーティがあります。

鼎談(酒井弘司×八木幹夫×Guest 仏文学者・山口佳巳)
テーマ 「俳人・詩人の目から視た表現とは何か」

日時:6月1日(土)15時〜17時
入場料:\500(紅茶又は珈琲の1ドリンク付)
内容の概略
「表現への衝動」−故郷喪失、地霊への挨拶をテーマに詩や短歌や俳句のポエジー、現代人の故郷喪失感と言葉の力による復元力、地霊への「挨拶」としての言葉。その土地への讃、挨拶をすることが和歌や俳句の伝統的な形式だった。故郷を捨てた人々が、ふたたび言葉によって故郷を取り戻す作業へ。現代人の不安や精神の病は地霊から引き離された孤独と無縁ではない。利便性、経済効率の追求による人間性の破綻、映画「モダンタイムズ」のアイロニー等々、さまざまな今日的問題を取り上げて、話し合ってみたいと思います。
八木幹夫談

 

 

ページのトップに戻る